« 写真(vol.51/2002.01.31) | トップページ | 退院の日(vol.53/2002.02.07) »

音楽の力(vol.52/2002.02.04)

入院中する前の準備として
音楽を聴くのが好きな私はお気に入りの
環境音楽のような曲を2本のテープにダビングして
入院中はウォークマンで擦り切れるほど
ずーっと聴いていました。
そのウォークマンも中古の旧式で
質流れ品を入院直前に買ったので、
音はあんまりよくない代物でした。
でも白い殺風景な病院の壁に囲まれた部屋で
そのテープを聞いていると
体に沁みてくるような感じがしました。

どんなに空が雲って精神的にどんよりした日でも、
どんなに誰も訪ねてこなくて寂しい日でも
夜が眠れなくて闇が濃い病棟での夜でも、
音楽を聴くと、その瞬間だけは
ちょっと違う次元に移動しているような感じでした。
音楽は病室の空気を変え、
目を閉じるといくつかの映像を作り出して、
その度に、自分の細胞が
新しくなるような気がしていました。

実際、アメリカの病院では手術中でさえ、
その患者のお気に入りの音楽を流して執刀すると
経過がよいことが報告されているのですから、
音楽の力は偉大です。

|

« 写真(vol.51/2002.01.31) | トップページ | 退院の日(vol.53/2002.02.07) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。