« 第三段階(vol.73/2002.04.26) | トップページ | 人の死(vol.75/2002.05.06) »

人間の底力(vol.74/2002.05.01)

私の両親は広島出身で、
母方の祖母は原爆で亡くなったので、
50数年昔の原爆も我が家では身近な話題です。
電話での母と伯母の話は大抵、
あの原爆投下の日の前後の昔話の繰り返しです。

しかしよく考えてみると、原爆投下後、
その街は50年だか70年だかはぺんぺん草も生えないと
化学者たちは断定しました。
でもその3ヵ月後に草木が生え始め、
翌年にはバラック小屋が立ち並び、
今では広島は立派な街並です。
勿論、母方の祖母のように原爆で死んだ人もいますが、
広島の街に行くと、
被爆しても今なお生きている人もたくさんいます。

がんもおんなじだと私は思います。
人は個別であり、多様性を持っているのだと。
化学者たちがあっけにとられるくらいの復活の力を
持っていることが人間の強さだと今の私は思います。

|

« 第三段階(vol.73/2002.04.26) | トップページ | 人の死(vol.75/2002.05.06) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。