« お互いに(vol.84/2002.06.14) | トップページ | 自慢について再考する(vol.86/2002.06.22) »

闇の物語(vol.85/2002.06.18)

小学校の授業のあり方が見直されているという報道を
最近よく目にします。
実際、老人ホームに行ってお年寄りの話を聞いたり、
世話をする授業を推進している学校もあるようです。

確かに今の子供たちは数限りない絵本やビデオや、
宮崎アニメ等、私たちの子供のころにはなかったものが
溢れています。
だけど、そうした豊かさの中に
欠落しているものの一つが老いと死だと思います。
昔はおじいちゃん、おばぁちゃんと一緒に住んだり、
近所のお年寄りが遊んでいる私たちに注意をしたり。

必ず人は老い、死んでいくということを知らずに
人に優しくとか皆で仲良くなんて学べるのだろうか。
豊かになっていろいろなことが進化して、
私たちは闇の部分をすごく
覆い隠してきてしまったのではないかと思います。
いいとか悪いではなく、
バランスがすごく悪いように
この前のメルマガ(昨日発行)の
読者の方のお便りから思いました。

|

« お互いに(vol.84/2002.06.14) | トップページ | 自慢について再考する(vol.86/2002.06.22) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。