« 自慢について再考する(vol.86/2002.06.22) | トップページ | 顔をあげて(vol.88/2002.06.29) »

一人で行く道(vol.87/2002.06.26)

がんのために自分が自分の体にしてやれることは、
きっと一人一人、
違った道なのだなとつくづく思います。

健康食品教にとりつかれた人は
「これを飲まないと」とか
「これをとっていれば」とか言いますが、
一人で自分の道を歩むことを怖がってはいけないなと
思うのです。

自分の進むべき道を知り、
その道が導くように進んでいくことを
今の私はしたいと思うのです。
他の人が通った道を行かなくてはいけない決まりなど
どこにもないと思うのです。

|

« 自慢について再考する(vol.86/2002.06.22) | トップページ | 顔をあげて(vol.88/2002.06.29) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。