« 時の絆(vol.416/2009.04.14) | トップページ | 転んでも(vol.418/2009.05.04) »

基本スタンスは投影(vol.417/2009.04.22)

先月まで連載していた雑誌「がんサポート」。
連載が終わっても律儀にまだ送ってきてくれました。

読者投稿欄に「もっと温かくしてください!冷たすぎます」という
投稿が載ってました。
こういうのもちゃんと載せているところが真面目なエビデンス社。

しかし、この雑誌、表紙の絵も
編集長の奥様が描いていると聞いてますが温かみのあるイラスト。
中身のカラー写真には風景や食材の美しいものを載せたり、
がんばらないの鎌田医師の対談には
必ず素敵な笑顔があって相当に気を使って編集、発行している気がします。

って、別に出版社のまわし者でもないんですけど。。。。

とにかく私のあくまで主観ですが
相当に温かみのある良心的ながん雑誌だということ。
そりゃ、ファッション雑誌や旅行雑誌ではないんですから、
限度があると思います。
創刊されて5年。
雑誌離れで廃刊が多い中で
「ためになっている」とか「ほっとした」という読者に支えられ続いてますから、
概ねはそのようにとらえてもらっていると思うのです。

案外、成功哲学の本にも開運の本にも、
代替療法の本にも、そしてもちろん医療の本にも書いてない
大事なこの世の法則は
「すべては投影だ」ということ。
私たちは自分の心の中にあるものを映し出しているということ。

がんになった事実はあるけど、
そのがんんをどうとらえているかも投影。
よい精神状態で免疫細胞を活性化していくポイントは
宇宙的ソースからのパワーではなくて、
ハイヤーマインドや天使からの導きでもないと思います。
結果的にはそういうものともつながったりはあるとは思いますけど。

とにかく鼻血が出るほどしっかり受け止めなくてはならないのは
すべては自分の鏡、投影としてこの世の中は
あらわれてくるということ。
だから人に幸せや楽しさ、成功をもたらすのは
やっぱり自分の心なのだということ。

自分に曇りがないように常日頃気をつけておけば、
もし何か一見否定的な出来事が起きたりしても、
必ずいいタイミングでよき物事がやってくると強く思って、
もうすぐ術後からの換算9年、サバイバルしてます!

HPトップへ

|

« 時の絆(vol.416/2009.04.14) | トップページ | 転んでも(vol.418/2009.05.04) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。