« わがままのすすめ(vol.433/2010.03.17) | トップページ | エイプリルフールといのちの関係(vol.435/2010.04.08) »

姪の卒業式の話に思うこと(vol.434/2010.03.24)

今月は全国の多くの学校の卒業式がありましたね。
 
皆さんは自分の卒業式のときの校長先生の話って覚えてますか?
私は、、、、小学校から大学まで
どの卒業式の話も全く覚えていません。(汗)
(入学式も、、、)

それで今月、小学校を卒業した姪に
どんな話を式の中で校長先生がしたかを聞いてみました。

「人をみかけで判断してはいけない、っていう話だったと思う」

「それを聞いてどう思った?」

「う~~ん、よくわかんない。。。」

「校長先生はすごくいい話をしてくれたと思うよぉ。
 ワカナの好きな映画『千と千尋の神隠し』を思い出してよ。
 あの話はさ、
 怖いと思った人が実はいい人だったという連続じゃん。
 人生ってそうだよ、社会ってそんなもんだよ!
 逆にいい人と思ってたらそうじゃないこともあるけどさ、
 怖がっていたらダメなんだよ!!」
 
と、12歳にはちょいと難しい話を
豚トロを鉄板プレートで焼きながら熱く語ってしまいました。

冷徹と思った主治医が
心底誠実な人だと実感して10年目の春です。

HPへ
ブログへ

|

« わがままのすすめ(vol.433/2010.03.17) | トップページ | エイプリルフールといのちの関係(vol.435/2010.04.08) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。