« 姪の卒業式の話に思うこと(vol.434/2010.03.24) | トップページ | 私が私に問う金言(vol.436/2010.04.21) »

エイプリルフールといのちの関係(vol.435/2010.04.08)

エイプリルフールの日にある二人の同業者から、
遺書のようなBCCメールが届きました。
「疲れました、さようなら」と書いてありました。
今の時代、心のことを仕事にしていくのは
経済的にも体力的にも精神的にも大変なので、
何が起きたのかと息が止まりそうでした。

でもメールを最後まで読み進めて意味がわかったとき、
安堵感でなく、怒りがわいてきました。
何に対しての怒りなのかまだよく分析できていません。。。

ユーモアも息抜きも弱音も大切だと重々わかっています。
でもそれとこれは違う気がするのです。。。。

その人達へは「行く道が違うようなのでBCCメール配信停止希望」
とシビアに書いて送ってしまった心の狭い私です。

東京新聞の毎年恒例のエイプリルフール記事の数々が
私の中での4月バカ道のチャンピオンだと思います。
(過去の記事だけど)「金さん銀さんには銅さんという姉妹もいた」
という類のことが本来のこのイベントを作った人の意図だ、
と思うのが私のこだわり。

見解が狭いと言われてもなんでも、
いのちのこととエイプリールフールはごっちゃにしたくない、
と感じるのが今の私の立ち位置です。

HPへ
ブログへ
メルマガへ

|

« 姪の卒業式の話に思うこと(vol.434/2010.03.24) | トップページ | 私が私に問う金言(vol.436/2010.04.21) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。