« オープンマインドと礼儀(vol.444/2010.08.25) | トップページ | 魔法のテニスセミナー(vol.446/2010.11.01) »

笑顔でない顔(vol.445/2010.09.30)

「笑顔セラピー」なんていうのが流行ってます。
割り箸を口にはさんだりして笑顔の練習をするようです。
「笑顔」という言葉を聞くと
ちょっと斜に構えてしまう癖がついている私。

というのは、その癖はいつからか?というと、
入院中に結構色んな人から
「笑顔で」とか「笑ったほうがよい」とか
言われて疲れてしまったり、
ときには密かにいらついたりしたからです。

今日、ある会社の社長さんとお会いしました。
彼は信頼していた従業員に裏切られて
相当にへこんでいました。
いつもは前向きだったり、
決して人の悪口を言わない社長さんですが、
さすがに「最近の若い人はわからん」とか
「ゆとり教育の悪いところが全部出ている!」とか
「すごい孤独な奴で、友達なんかいないんだ」とか、
あることないこと、愚痴ってました。

私はまずはじっと聞きました。

そしてひととおり聞いたところで
「人は勝手ですね。
でもそれはさびしいからですよ。
って、ユーミンが歌ってますよ」と言いましたら、
なんとその社長さんは泣きそうな顔をしました。
長いお付き合いですが、
泣いた顔はあまり見た記憶がないのでびっくりしました。
いつも笑顔と穏やかな表情の社長さんでしたから。

でも思いました。
その社長の笑顔も勿論よいけれど、
泣きそうな顔もいいなぁ、と。
美しいなぁ、と。

人生って、楽しいとか喜びとか、それだけで
終わりではないです。
それだけで終わりだったら薄っぺらいです。

人の笑顔とか喜びでない顔に遭遇した時に
ただ一緒にいるセンスをこの病から
私は沢山学ばせてもらっている気がします。

【参考】
♪「ずっとそばに」作詞 ・作曲:松任谷由実

 人は勝手ね 淋しいからよ
 きみらしいフォームでゆっくりと泳いで

 詳細 
http://www6.airnet.ne.jp/satoumc/cgi-bin/kashi.cgi?ARG1=0140&ARG2=08

HPへ
ブログへ
メルマガへ

|

« オープンマインドと礼儀(vol.444/2010.08.25) | トップページ | 魔法のテニスセミナー(vol.446/2010.11.01) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。