« 粋な計らい(vol.474/2013.06.09) | トップページ | 告知が内包しているもの(vol.476/2013.10.07) »

自由を忘れていたな(vol.475/2013.08.05)

ブログに書いたように
オフィスのクーラーが先週、突如、壊れた。

こうしたことは偶然と片づけてもよいのだけど、
ちょっと考えてみた。

思い至ったことは、
私の潜在意識は「どっか、ちょっと、旅行に行きたい~!」
と欲していたのではないか?ということ。

退院したての13年前の夏は
「来年は生きてないかも」と思っていたので
貯金を下ろすことになんの心配もなくなっていた。

太極拳教室を申し込み、秋の旅行の予約、
そして毎日のように都内の神社や美術館等に出かけていた。
脱毛していたのでバンダナを巻いた頭の中は
ものすごく孤独で不安だったけど、
でも「自由」を感じていたようにも思う。

「今日は何をして一日を過ごそうか?」と、
毎朝、起きるたびに思っていた。
好きなことへ向って、自分の足で毎日歩いていた。

13年経った今はついつい根が貧乏性なので
「贅沢をしている場合ではない」とか
「お金は貯金しておかないと」
と無意識に決めて、仕事三昧になっていた。

今年はお盆の後半は仕事が入ってないから、
休んで、夏の道をどこか軽やかに歩いてみよう~!
(@^^)/~~~
って、たった2日だけど。
(*^_^*)

でもこの自由さを忘れてはいけないね。

HPへ
ブログへ
情報ブログ「ワンセルフカードの広場」

|

« 粋な計らい(vol.474/2013.06.09) | トップページ | 告知が内包しているもの(vol.476/2013.10.07) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。